自分でSEO対策その2 SEO内部対策

SEO内部対策5 テキストでSEO対策

 

テキストもちょっとした工夫で、検索エンジン最適化が図れます。

検索エンジンが、テキストマッチングとアンカーテキストの何を見ているか理解して、検索エンジン上位表示の為のSEO対策をしましょう。

テキストには、効率良くキーワードを絡める!

テキストに効率良くキーワードを絡めることをテキストマッチングと言います。

商品説明、その効果や値段を解りやすく書いても、検索エンジンロボットには理解できません。

以前ほど重要視されていないようですが、検索エンジンは「出現頻度の高いキーワード」を重要性の高い物として認識します。

また、検索エンジンは、文章を単語に分けて認識します。

これらのことを踏まえてテキストの検索エンジン最適化を図りましょう。

テキストマッチングの注意点
  • 重要なキーワードを適材適所出現させる。
  • テキストを画像に埋め込まない!(検索エンジンは、画像に埋め込まれたテキストを認識しない。)
  • トピックごとに文章を整理する。(段落分けや項目立て、大量の文章をまとめて書かないようにする。)
  • サイト内で重複するコンテンツや、重複に近いバージョンを作らない。
  • 価値のないキーワードの羅列、隠しリンク、隠しテキスト、検索エンジンの為にだけキーワードを大量に埋め込まない。

アンカーテキストを適切な文章にする!

アンカーテキストとは、リンクが設定されたテキストのことで、<a href=”リンク先のURL”>~</a>と言うようなアンカータグの間に挟まれたテキストです。

このテキストは、ユーザーと検索エンジンの双方に、リンク先の情報を伝えています。

アンカーテキストの注意点
  • 「ページ」「記事」「ここをクリック」の様な一般的なアンカーテキストにはしない。
  • リンク先の内容に沿わない、もしくは無関係なテキストは使わない。
  • ページのURLをアンカーテキストとして利用しない。
  • 冗長な文章や、段落になるほどの長いアンカーテキストにしない。
  • リンクだとすぐに解る書式設定にする。
  • 内部リンクのアンカーテキストにも気を配る。

テキストを最適化するのも検索エンジン上位表示の大切な要素です。注意点を踏まえたテキストを心がけましょう。


 
 

コメントの書き込み

スポンサードリンク